バルデナフィルで勃起不全の改善

EDは勃起機能の低下のことで、英語でErectile Dysfunction、日本では勃起障害や勃起不全と訳されています。勃起障害や勃起不全は、性行為をしたいと思っていても陰茎が勃起しなかったり、あるいは不十分で性行為ができないという症状のことです。
パートナー同士が性行為を望んでいても、男性がEDでは二人の関係に悪影響が出ても不思議はありません。
EDになる原因とはいったい何なのでしょうか。性交時に受けた心理的ショックなど精神的なことや、身体の機能的に問題がある場合が考えられます。もちろん年齢的な衰えで勃起不全になる可能性もあります。
例えEDになっても、ED治療薬で改善することが出来ます。ED治療薬で有名な成分は、バイアグラで使用されているシルデナフィルが有名です。他にも有効な成分があって、それはバルデナフィルといいます。これも有名な成分です。
バルデナフィルの臨床試験結果によれば、7割から9割のED患者に改善が有効ということです。
勃起不全の薬と聞くと性欲を高めるというイメージが有るかもしれませんが、バルデナフィルにはそういう効果はありません。
勃起の持続をするための化学物質を分解してしまう酵素PDE5という成分が体内で分泌されているのですが、バルデナフィルはそれを阻害してくれます。勃起を邪魔するものがいなくなるので、勃起が持続出来るというわけです。
また、血管を拡張する作用もあるので勃起を助けてくれます。
バルデナフィルは、性行為を行う1時間くらい前に服用しなくてはなりません。それでもバイアグラに比べて即効性があります。
また、1日に何度でも服用するわけにはいかず、1日に1回を守らなくてはなりません。心臓病や高血圧の人も使用するのに注意が必要です。必ず医師に相談しましょう。