正規のバルデナフィルを入手する方法

正規のバルデナフィルを入手する方法は、日本においては一つしかありません。
クリニックで処方を受ける方法であり、それ以外のルートで購入すると偽物を購入してしまう可能性があります。
バイアグラに関してはジェネリックが登場し、国内のクリニックでも取り扱いを始めましたが、バルデナフィルに関してはジェネリックは登場していません。
個人輸入ではバルデナフィルのジェネリックが販売されていますが、インド製であり日本では承認されていません。
正規のED治療薬ではなく、個人輸入というルートを介して購入する場合は偽物も混じっているので注意が必要です。
全体の6割程度は偽物であり、本物を入手できる確率のほうが低いのが現状です。
正規のバルデナフィルを謳っていても、それが本当かどうか確かめることはできません。
確実に本物を入手するなら、現時点においてクリニックを利用するしかないのです。

個人輸入代行が流行している理由は、保険適用外の薬を安く入手できるからです。
ED治療薬は先発薬、ジェネリックを問わずに保険の適用外なのです。
全額自己負担となるので、最安値のバイアグラでも1,000円以上はするのです。
バルデナフィルだと1錠あたり1,500円以上が相場となるので、性生活を充実させるほどお金がかかるわけです。
月に10回楽しむなら15,000円は必要となり、これは大きな出費でしょう。
それ以外にもコンドームやピルなどで性感染症予防、避妊などを行う必要があります。
金銭的に余裕がなければ、安定的にED治療薬を購入するのは難しいわけです。
そこで、バルデナフィルを割って2回分にして服用するなどの工夫をするとよいです。
20mgを2つに割って飲めば、2回分として利用できます。
その分効果は弱くなりますが、そこは血流を促進したり、精力剤を飲んだりしてカバーしていきます。