製薬会社のバルデナフィルとは

バルデナフィルは、製薬会社が製造・開発したED治療薬に含まれる成分のことであり、特定の部位における血管拡張作用によって勃起不全の治療に用いられています。
この成分には勃起を抑制する酵素であるPDE5の働きを阻害し、勃起を持続させる効果があるため、PDE5阻害薬と呼ばれることもあります。
バルデナフィルは他のED治療薬の成分と同じような効果を持っているのですが、より進化した構造になっています。
この成分が含まれたED治療薬の場合、他の薬よりも体内への吸収が速やかなため、即効性があるというメリットが挙げられます。
また、食事やお酒などの影響を受けにくいということや、陰茎海綿体以外での作用が少ないということ、副作用が軽いなどといったこともあります。
バルデナフィルを主成分とした薬は食後すぐに服用しても効果が減ることはありませんし、作用に要する時間も15~20分程度と短くなっています。
効果の持続時間は10mg服用で4時間程度、20mgの場合は8時間程度とされており、時間を決めて服用すると良いでしょう。
性交渉の直前にED治療薬を飲むことにより、性交の最中に効果をアップさせることができます。
事前に時間を気にすることがありませんし、性交渉前に飲めば挿入の頃には強い勃起が期待できるため、忙しい人から支持されています。
ED治療薬を医療機関で購入するとかなり値段が高いため、安く手に入れたい場合は個人輸入サイトを利用すると良いでしょう。
また、さらにお得にED治療薬が欲しいと考えているなら、ジェネリック医薬品を利用するという方法もあります。
ちなみに、バルデナフィルを含む商品は国内の医療機関では取り扱われていないため、個人輸入サイトから購入することになります。