個人輸入で買う場合のレビトラは安い

男性でEDで悩んでいる方は少なくありません。
現代ではEDは年配の方だけでなく若い世代の方にも多く見られ、ストレスなど心理的なものが原因にもなっています。

EDを改善するならED治療薬が有効です。
知名度と実績があるED治療薬として知られているのがレビトラです。
レビトラのメリットは即効性に優れていて持続時間が長く、副作用も少なく食事の影響をあまり受けないというのがあります。

レビトラは服用して15分から30分程度で効果が現れ始め、10mgの物で約5、6時間の持続時間があります。
アルコールや脂肪分の多い食後に服用しても効果を発揮してくれますが、やはり空腹時の服用が望ましいです。

レビトラを個人輸入で買う場合、ネットの個人輸入サイトがおすすめです。
レビトラは安いので、ネット通販を利用するような感覚で手軽に買うことができます。
注意点としては、正規品を扱っている信頼性の高い個人輸入サイトで買うのがベストです。

どのサイトが信頼性が高いかを見極めるには、やはり口コミ情報を参考にすると良いでしょう。
評判の高いサイトは当然評価も高いですし、ランキング形式で紹介している口コミサイトもあります。
実績のあるED治療薬ですが、初めて試すなら5mgからが良いでしょう。

ED治療薬はそれぞれに性質が違います

代表的なED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つです。
ED治療薬という事は同じであっても、それぞれ違う薬ですから、それぞれに性質が違います。

バイアグラは、世界で最初に開発された、最も認知度が高いED治療薬です。
EDに関係ない人でもバイアグラがED治療薬である事は知っていると思います。
世界的に有名ですから、何より安心感がある薬です。
バイアグラの性質は、即効性と強い効力です。

レビトラは、バイアグラに次いで世界で2番目に誕生したED治療薬です。
有効成分はバイアグラと異なりますが、性質はバイアグラに似ており、強い効力を直ちに発揮します。
ただ、即効性はバイアグラよりも高くなっています。
また、バイアグラとは違って食事の影響は受けにくい薬です。

シアリスはバイアグラ、レビトラとは異なり、即効性がないED治療薬です。
とは言っても、3時間程度で効果は出ます。
シアリスの最大の特徴は持続時間の長さです。
1回の服用で最大36時間も持続します。
ただ、36時間、そのまま持続しているという訳ではなく、36時間の間に性的な刺激があった場合、すぐに反応するという意味での持続です。
また、レビトラ以上に食事の影響は受けにくい事も特徴として挙げられます。

レビトラのジェネリック薬の平均価格

レビトラとは、即効性の高いED治療薬です。
服用すると20分ほどで効果が出始めます。
空腹時の服用なら15分以内です。
性交渉をおこなう直前に服用すれば、性交渉前のスキンシップの段階でどんどん効き目があらわれてきます。
その便利さのため、レビトラはED治療薬の中でも特に高い人気があります。

しかしその分価格はやや高く、10mgの錠剤の平均価格は1500円ほどとなっています。
20mgの錠剤なら、2000円が平均価格です。

そのためレビトラのジェネリック薬を服用する人も多くいます。
ジェネリック薬とは、先に開発された薬にならって、後から作られた薬です。
先に開発された薬は、多額の開発費用がかかっているため、その分が加算されて販売価格がやや割高になっています。
しかし後から開発されたジェネリック薬には、さほど開発費用がかかっていません。
そのため安価で販売されています。

レビトラのジェネリック薬は、バリフです。
バリフは、レビトラと同じ成分で作られていますが、それにもかかわらず安価です。
具体的には、20mgの錠剤の平均価格が250円ほどです。
レビトラとは、数倍もの価格差があるのです。

ただしバリフは、日本では認可されていない薬なので、海外からの通販でしか購入できません。
購入も服用も自己責任となるので、病院で処方されるレビトラよりは、様々な点での注意が必要です。